Around Tokyo

JP / EN

 

Column

旅や暮らしにまつわること、書いていきます。

| #03 カメラの視点を意識する。

今回は、撮影の時のお話。特にスマホで撮ること多い方、必読です。

普段写真を撮る時、カメラがどうやって目の前の景色を見てるか、意識したことありますか? それはどのように光を取り込み、写真として変換して、、という難しいカメラの仕組みではなく。 カメラがどこから見ているか、またどのような角度で見ているかという2点です。

これが一眼レフのカメラであれば、覗き込みながら撮るのでほぼ自分が見ている景色と同じ視点、同じ角度で見ることができます。 ただ液晶を確認しながら撮るスマホカメラとなると勝手が変わってきます。

特にカフェなどで、テーブルの上の料理を撮ったりするとき、撮った写真がイマイチしっくりこないことありませんか? このときは、視点がちがうことが原因かも。 テーブルなどで席について撮ると、自分の目から離して胸の高さくらいで構えがち。 これでは自分が見てる視点とカメラが見てる視点が大きく違ってしまいます。 これだけ視点が変わると、写す景色は全然かわってくる。特に光の入り方は、視点が変わると良くも悪くもだいぶ変わります

サンプルです。グラスに差し込む光がきれいだなと、スマホカメラで撮った写真がこちら。

胸元あたりで構えて撮ってました。でもなんだかしっくりこない。そしてあることをして撮ったのがこちら。

左目にスマホをあてて撮ってみました(笑) 押し当てていたので、液晶見ることなくシャッターをきったのですが、まさにこれが撮りたかったイメージ。

なかなかイメージ通りに撮れない、そんな時はカメラと自分が見ている視点の違いを意識して見てください。 さすがに左目にあてるような撮り方はせずに大丈夫ですが、 最初は意識して自分の視線と対象の間にカメラが来るように構えてみると、 より見え方をコントロールしやすくなると思います。

液晶を見ているだけだと、どうしてもレンズへの意識が薄れてしまいがち。 でもカメラの視点をちょっと意識して調整するだけで、ずっと良い写真が撮れるようになるでしょう。 ぜひ試してみてください。