Around Tokyo

JP / EN

 

Column

旅や暮らしにまつわること、書いていきます。

| シンプル焚き火スタイル スウェディッシュトーチ

スウェディッシュトーチ、みなさんご存知ですか?先日のキャンプで初めて体験した、このスウェディッシュトーチでの焚き火。これがとても良かったので、ご紹介。

スウェディッシュトーチは切れ目をいれただけの丸太。通常は丸太を薪にして、それを組んで燃やし、定期的に薪をくべて炎を楽しむスタイル。スウェディッシュトーチはこの丸太のまま、切れ目に熱源を入れて、燃やし始めるんです。

何が良いかというと、このシンプルさと手軽さ。薪をくべる必要もなく、つけたらあとはほぼ自然と燃えてくれます。

いかがでしょう。燃え方もなかなかかっこよくて。フォトジェニック。この切れ目の間から勢い良く炎が上がるんです。通常の焚き火と比べるとボリュームは減るものの、これはこれでなかなか楽しめる。

でも一見切れ目を入れるだけのように見えますが、いちばん大変なのは丸太のまま十分に乾燥させることのよう。それがなかなか大変なようで、過去に何回かキャンプしてきましたが、扱っているキャンプ場はたしかに今回が初めて。あとはこの間からうまく火をつけることなのですが、これはもしBBQも一緒にやってたりしたら、そこで燃やしてる炭を詰め込んであげればすぐ。もしなければ着火剤を間に詰めて火をつけ、切れ目に空気を入れこんであげればOK。あとは放っておいても、楽しめます。

さらに五徳をおけば、その上で料理もできちゃいますよ。ぼくらも実際に試してみましたが、ほどよくスモーキーなテイストになり美味しく料理できました笑

気になった人は、ぜひお試しを。キャンプ場になくても、オンラインでも購入できるようですよ。今度のキャンプでぜひご体験をー。