Around Tokyo

JP / EN

 

Column

「お出かけログ」の記事一覧

| 稲取細野高原

先日、静岡県東伊豆に位置する、稲取細野高原に行ってきました。SNSで流れてきた写真を数年前にみてから、ずっとこの時期に訪れたいと思っていたすすきの名所。
想像していた以上によくて大満足でした。

細い山道を抜けると100台ほど停められる駐車場。車を停めて入場料として600円をお支払いし、いざ高原へ。まず驚いたのはその圧倒的なスケール感。広い。人が作り出したものではなく、自然そのものを目の前にしたその壮大さに、思わずわぁっと驚きの声をあげてしまいました。

さぁこの広い敷地、どう進むか。メインのルートは、すすき畑を楽しみながら三筋山の頂上を目指すルートです。送迎の車も出してくれているため、まずは頂上へ先に訪れて、下山しながらすすきを楽しむ人も多いよう。送迎ルートの途中にはいくつか乗降ポイントもあって、各スポットで降車してすすきを楽しみながら目指す方法も。ぼくらは興奮のあまりどんどん歩を進めてしまい、結果徒歩で三筋山の頂上まで向かうことに。撮影しながら、2時間ちょっと、なかなかハードなハイキングになりました笑 でもみどころ、撮影スポットは本当にたくさんあって飽きません。混雑とは無縁なほどの広さもあって、お気に入りスポット見つけたらゆっくり写真撮影を楽しめます。

もう1つは、すすきだけでなく、山あり海ありで絶景を満喫できること。頂上からの景色も絶景で。天城の山々に、太平洋の海。遠くには伊豆大島も見えます。イベント時期はパラグライダーの体験もできたり、イベントにも事欠きません。芝生に腰下ろし、のんびり贅沢な時間を過ごせます。

そして最後にその体験を支えてくれる地元の方々。駐車場から頂上までワゴン車で送迎してくれたり、ガイドや広場ではイベントも開催されます。トイレも仮設ながら綺麗にしてくれているし、駐車場までの道のりには途中途中でスタッフの方が誘導してくださったり、一生懸命招いてくれてるのが伝わってきてとても嬉しくなる。

まだまだ認知が低いのか、時期と場所の問題なのか、1日の来訪者は決して多くはない印象。こんなにいいのに、もっと多くの人に訪れてもらいたい場所。ブランディングや認知拡大の施策のしがいがありそうです。今年はあいにくすすきの期間のイベントは11/10で終わってしまい、これから野焼きに入るよう。毎年10月から11月頭にかけてのイベントです。ぜひ来年はいかれてみてください。

最後に今回のダイジェストムービーをお届け、ぜひご覧ください。